看護師は極端な売り手市場

全国の病院や様々な医療機関では、これまでの間ずっと看護師が足りないの現実が解決されずにいます。そのため、就転職に関して看護師は極端な売り手市場だということができます。
看護の資格さえあれば、自身の希望や適正に合った職場を割と容易に選ぶことができます。看護師の方が仕事を変えてしまう際に自分が願う職場の具体的な条件がイメージできないケースもあるようです。

そのような場合は、求人情報の数が多い看護師の転職に使われているサイトを利用する方が、自身にマッチした転職先を探し出すことができるはずです。

「看護のお仕事」という名前の転職情報サイトは、就職情報に書いてある休みの日、手厚い経済的保障、そして年齢などの求めるものがすごく見やすくなっていると言われているのではないでしょうか。簡単にいうと、希望条件に合っている転職先を、スムーズに発見できるということなんですね。
今、日本ではEPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの来日した人々を外国人看護師候補生として受け入れるということを行っているのです。
けれども、看護師国家試験の勉強をしてもし、3年以内に受からなかった場合、帰国する必要があります。勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。看護師も長く勤めて周囲の信頼を得ていくと出世していきます。具体的には、婦長と聞けば一般的にも分かりやすい役職だと思います。しかし、これ以外にも、階級ごとに主任や総看護師長といった役職があります。最近はパートの看護師や看護学生が病院で勤めているケースも少なくありませんので、正看護師も階級の面から言えば、上の役職になるわけですね。収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。日本は長寿化が進みいまや超高齢化社会となりました。

そういう状況で、需要が見込まれる職業が介護士に医師、看護師です。いずれも、専門知識、技術を要し、簡単な仕事というわけではありません。

これらの職業人の育成に関して国は今よりも真剣に考える必要性があると思います。

少子化や高齢化のために、医療の仕事を行う人々というのはより必要性が高まると考えられています。
なので、現在も「看護師は売り手市場だ」といわれているのですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。年ごとに多数の看護師が新たに生まれているのにもかかわらず、変わらず看護師の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も起因しています。

高齢の方たちの増加が進み、福祉施設における看護師の需要は増加する一方です。ましてや大きな企業になると看護師のいる医務室を完備していて、健康面やメンタル面における相談についてのケアをしているそうです。
そんな場合は、その会社に入社することもあり得るでしょう。
看護師は、寝返りを打つのも難しいようなドナーさんへの体位を変えることや、食事がとれない方の食事の介助、排泄の介助等の体力がいる仕事も多くあります。その間にも、他のドナーさんからナースコールがあれば、速やかに応じなければいけません。それだけでなく、入院中のドナーがちょっとでも楽しい入院生活が送れるように考えていくことも看護師の仕事です。その業界それぞれに、従事者のみに通じる言葉があるものですね。仕事をスムーズに進めるためとかの訳である業界でしか通じない言葉が使われているでしょう。看護士でも同じように業界特有の言葉が利用されています。
例を挙げると、心マは心臓マッサージ、ギネというのは婦人科、乳の癌はマンマ、入院はアドミッションとか、多くの業界用語を使って会話しています。

病院では、看護師が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。

その日その時、担当していたドナーさんについての情報であったり、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を口頭で直接、次の人に報告説明する決まりですドナーさんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に話す努力が必要です。申し送りは、素早くスムーズに行うことも求められます。

看護師転職情報サイトにのっている看護のお仕事は、医療機関の求人の件数もとても多いのですが、そればかりではなく一般に出されていない求人情報が多数あり、登録することで想定外の好条件の転職先を紹介してもらえる事があるかもしれません。担当コンサルタントによるきちんとした対応も特色としてあげられているようで、可能な限り細かなご要望にも応えていただけるようです。
一般的に、看護師として勤務する人は女の人が多いので、結婚であったり、出産であったりで一度職を離れる人も多く高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。

その他にも、勤務する時間が不規則だったり、厳しい労働環境であることなどが影響して離婚してしまう人も多いと言われています。
お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということも離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。看護師の仕事に就くには、知識や技術だけにとどまらず、「この業界で仕事をするんだ」といった強い考えが大切だと思います。
専門職なので、普通のOLなどに比べると収入がよくて、働き口に困ることもないです。

でも、普段はほとんど関わることのない人間の死と向き合わなければいけないからです。
看護士が許可されている医療に関連した行為は、今までは、限定されて行われてきたのです。
けれども、医師が足りないという理由や直ちに対応が可能なように必要とする人に、気管の点滴を注入するといった少しだけ医療行為が出来るようになるでしょう。許可されることになったことは、研修をある期間受けて、万全に準備ができてから看護師の判断で可能なのが特徴です。
看護師は病院などで就業していますので、勤務時間が多様です。それが原因で、安定してお休みが取れないといった難題があるでしょう。医療機関にとって看護師は大事な人たちですが、働く側にしてみると良いとは決して言えない就業状態が数多くあります。

看護学校を卒業してすぐに働いた病院では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、もういっそ、看護師を辞めてしまおうか、などと悩みました。けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり看護師は続けたい、というもので、「転職しよう」と決めたのです。そこではたと困ってしまったことがあります。
情けないですが、履歴書をどう書いたらいいかがわかりませんでした。頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりして苦労しながらも、仕上げることができました。でも、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にも自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだとわかったのです。
転職活動を行う時には、ご多分に漏れず看護師の場合も履歴書が必須となりますが、その際、注意点があります。
何に気を付けるべきかと言いますと、その履歴書で最も重要な志望の理由の書き方です。志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、成長に繋がるといったことや、今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由など見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。仕事を探す時に、最初に思い浮かべるのがハローワークでしょう。
やはり、ハローワークでは求人の情報が多くあります。職員に気になる求人の相談をしたり、アドバイスを受けられるというメリットがあって良いのですが、好条件の求人情報は、あまりみつからないというマイナス面があることも覚えておくことが大切です。

病院や医療施設などで看護師が就業する時、配属先は、とても大切なポイントです。

同じ医療施設でも任命される診療科によって、仕事の種類が全く違ってきます。
自分の希望する配属先で仕事をするなら何もトラブルは発生しませんが、自分が不得意と考えている配属先だと配属先の仕事をこなせない事例も考えられます。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り