職場での人間関係のストレスや夜勤などの勤務形態に体が合わない

働く看護師にとって頭が痛い問題といえば、職場での人間関係のストレスや夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。

どうしても、女性が多い職場になると、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることも実は多いのです。

勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。

転職し、もっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのも選択肢に入れておきましょう。私の友達に看護師がいるのですが退職するか続けようかで迷っているとたずねてきました。今月彼女は結婚したのですが土日勤務で土日休みの夫と休日が合わず、時間を取りにくい生活が続いているようです。
出産や育児もしたいし、一方で、今の仕事は辞めたくないので、答えを出せないでいました。
看護師転職サイトで自分に合うものをセレクトするためには、まず、自分が望むことをちゃんと把握しておくことがポイントになります。

何も考えないで、「転職したいなー」なんて言っているだけでは、自分にピッタリの転職先など見つかるはずが無いのです。看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。

そしてまた、外来勤務では夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。忙しいかどうかは、病院や、診療科によっても違ってきますが、人気のある診療科や医師のいるところでは多くのドナーが押し寄せるように待合室に集まり、かなり忙しいことになり、その上待たされたドナーからのクレームも増えます。どんなスキルが必要になるか、ということも病院や、診療科によっても違います。看護職の人がよりマッチした仕事を探すなら、契約内容でどのような点を大切にしたいのかをとりあえずはっきりさせておきましょう。

夜の勤務は難しい、プライベートの時間は十分確保したい、可能であればドナーさんの最期は看取りたくないなど、要求にも個性があって当然です。看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、不満がたまるような勤め先で限界を待つ意味はありません。総合病院から介護施設まで看護師は様々な場所で求人がありますが、看護師が働ける職場として保育園があることを知っていますか?保育園を職場にするのは、子供好きの看護師には、最適な職場でしょう。
病院とは違って、保育園での看護師の仕事は園児の体調管理と共に、お世話や授乳など保育士のお手伝いするという必要不可欠な仕事なのです。育児のために転職する看護師も少なくありません。

看護師の場合、特に育児と仕事を両立させることが大変なので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、働く日の少ない仕事だったりが良いでしょう。
育児の間のみ看護師をお休みするという人もいますが、育児にはお金が必要ですから、資格が活用できる転職先を探してみましょう。
男性も増えてはきたのですが、まだまだ看護師として働くのは多くが女性ですので人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて離職率が高めの仕事であると言えます。

その他にも、勤務時間が一定でないこと、過酷な労働環境だということも相まって、離婚率についても高くなっているようです。

お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということも離婚へつながる一因とも考えられます。

看護婦はハードな仕事と言われていますが、もはや看護師なしの病院などあり得ませんし、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。

入院施設のある病院でしたら当然、夜間も稼働していますから、看護師も病院に24時間いることになり、どこの病院でも日勤、夜勤とシフトを組んで交代でこなしていきます。
夜勤業務があるので、睡眠時間をうまく調整できない場合はうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。
看護師の勉強をするための学校には大学あるいは専門学校があり、看護師を目指す場合、どちらかに入ることとなります。
大学の場合のいい面は最先端医療に関して等、より深く学ぶことができることと専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。

それに対して専門学校は、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、そういった経験を生かして即戦力になれます。

加えて、学費の面についてもなんと大学の学費の十分の一程度です。病院内での看護師長の仕事と言えば、各病棟のとりまとめのほか、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる看護師の指導などで、一般的には課長の役職に近いと言えます。

普通に課長職といっても、その年収が大企業と中小企業で変わることから分かるように、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。

または、公立と民間、地域によっても差があって、稼ぎの良い公立病院に勤めるケースでは約750万円と見られています。一般的には、看護師は厳しい労働だと認知されています。近年の病院の労働環境の問題が原因で、慢性的に看護師が不足する状況により仕事をする時間が長引いてしまう傾向が原因です。長い労働時間に加えて、月に何回か組み込まれる夜勤があるため、慢性的に疲労とストレスを抱えている看護師が多くなるのでしょう。日本全国の病院等では、これまでずっとナースが不足している状況がそのままになっています。
ですから、就職、転職に関してナースは完璧に売り手市場だということができます。
看護師の資格を持っていれば、自分の希望条件や適正に合った職場を比較的容易に選ぶことができます。どうがんばっても、準看護師は手術室に入ることが不可能ですから、もっと高度な専門部署に配属を希望する際はすごく不利になってしまうでしょう。こういった感じで、準看護師と正看護師が異なる点は、勉強時間や試験内容なども異なりますが、これから、看護師を目標にするなら、正看護師になるという事が基本的になってきているようですね。
現実は、看護師が出てくるドラマとは程遠いです。普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、仕方なく残業することも日常茶飯事です。とはいえ、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも常にドナーさんやご家族の前では笑顔を忘れません。
ほんの少し前まで文句を言っていた人が突然笑顔になるのです。
看護師は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。
病院に初めて看護師が就職を果たした時、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれるケースも多いですが、人事を担当する人の考えによって決定されることもあり得ます。
全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、充分に考えられた配属であることが殆どです。
それでも、その人材配置に納得いかず、仕事に身が入らなければ、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。多くの看護師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によって体の健康を害してしまうのであれば、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。

重要なポイントとして、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して収入が減ってしまう事がほとんどです。
今の収入を減らしてでも、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。看護師の業務に従事しながら金銭面で余裕がほしいと思った際に行う副業にサイドビジネスがあります。
仕事がない日を利用して副業で収入を得る看護師は毎年増加する傾向がみられます。
サイドビジネスのメリットは、仕事がない時間を有意義に使うことが出来て、関係のない仕事をすることで息抜きにもなる事です。
看護師の資格を得るための国による試験は、1年に1回行われます。看護師の不足が問題視されている日本にとっては嬉しいことに、ここ数年の看護師資格の合格する率は90%前後と大変高い水準を維持してます。

看護師の国家試験は、大学入学のような落とすための試験とは違い、一定ラインをクリアできれば合格できる試験だ。

一般的に、病院は症状によっていくつかの科に分けられていますが、配属された科の診療内容によって、看護技術や処置の方法が変わってくるのです。
それまでの配属部署以外の部署で研修するローテーション研修では、ひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、視野を広げて、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。
将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、新人看護師の前向きな気持ちも高まります。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り